銀塩デジタル写真

フィルム時代に写真はあまり撮らなかったけど、多少ならプリントやフィルムが残っていて、
これをデジタル化しようと思いテストしてみた。(半年ぐらい前)
フィルムスキャナーを買うほどの量でも無いし…という事でデジカメで接写してみました。
機材も部屋にある有り合わせの物を使用。読書用のライトやら、洗濯バサミ付きのハンガーなどで(汗)

まずは10年位前のポジをひっぱり出して撮影。
d0159548_23254070.jpg

PENTAX K-x FA50mm F1.4
当時のカメラはPENTAX Z20でシグマのズームレンズ、フィルムはRVPだから、ベルビアかな…ナツカシーデス.
続いて1年前に撮った京急1000系のネガ。
d0159548_2333572.jpg

PENTAX K-x FA50mm F1.4 ヘリコイド接写リングK
カメラは鑑賞目的で手に入れたASAHI PENTAX SV レンズは確かメイヤープリモターだった気がする。
ネガを接写して思ったのですが、適正露出がよく解りませんでした(汗)

ネガをフォトショップエレメンツで色調を反転と調整して完成?
d0159548_23404315.jpg

な、なんかトイカメラのような仕上がりになりました(笑)
ライトがあたっている場所は色濃度ともまずまずですが、あたって無い場所はネガが暗くなるので、
反転すると当然露出オーバーになりますね。

気が向いたらライトボックスにフィルムを貼り付け三脚立てて接写してみようかな…。
[PR]

by kitayama7a | 2010-09-30 23:53 | 鉄道